● Angel Wing ● - Diary

本館 http://www4.kiwi-us.com/~yuuna/ トラックバック、コメント等、お待ちしております♪

2017.07.
S
M
T
W
T
F
S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラテラル

トム・クルーズが初めて悪役に挑戦したという映画、"コラテラル"を見ました。
その悪役というのが銀髪の殺し屋でしかも名前がヴィンセント!(笑)という事で、
ずっと見たかった映画なのですが、なかなか良かったです~。
しかも、日本語吹き替え版のヴィンセントを、森川智之さんが演じられていて、
これはもう一ファンとして見ない訳にはいきません♪(*´∀`)
んで、そのヴィンセントにいい様に利用されてしまうタクシーの運ちゃん(笑)マックスを、
高木 渉さんが演じられているのですが、
この運ちゃんがホントにどうしようもないお人好しで、脅されるまま連続殺人を手伝わされちまいます。
前半はそれに、事件を嗅ぎ付けた警察が加わって、
追いつ追われつ、シンプルに淡々と進んでいくのですが、
ついにマックスを助けようとした刑事さんまでヴィンセントに殺されてしまいます。
怒ったマックスはタクシーごと事故らせてヴィンセントを殺し、自分も死のうとするんですが、あえなく失敗。
しかし、走り去ったヴィンセントを見て、これでやっと解放された…と思ったのも束の間、
殺人リストの中に、ヴィンセントを乗せる前に知り合い、親しくなった弁護士の女性を見つけてしまいます。
彼女を殺されてしまう前に、なんとかヴィンセントから救おうとするマックスですが…。

ヴィンセントとマックスが最初に出会った時に、ヴィンセントが、
電車の中で死んでいるのに、6時間発見されなかったという男の話をするのですが、
それが上手く伏線になってます。
んでもって、マックスはホントに人が良いだけなのに被害にあってしまう反面、
ヴィンセントはさんざん酷い事をしまくってるんで、
ヴィンセントはさぞ救われない終わり方するんだろうなーと思っていたら、
ヴィンセントにもちゃんと同情できる終わり方をしてくれたので安心しました。
立場も価値観も全く違う二人なだけに、ヴィンセントは殺し屋としてしか生きられない苦しさ、
マックスは一見、安定した生活を送っているのに、いくら夢を追っても現実には叶える事のできない空しさを、
対称的に、少ない登場人物の中で上手く描いていたと思います。

個人的に、マックスのお母さんのお見舞いに行くシーンはツボでした(笑)
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

■この記事のトラックバックURL

http://yuunakisaragi.blog4.fc2.com/tb.php/14-4b1f6a88

■この記事へのトラックバック

| ホーム |

プロフィール

■如月ゆうな

  • Author:■如月ゆうな

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。